家庭用の高圧洗浄機レンタルで「網戸」を掃除するコツとおすすめ機種

家庭用レンタル高圧洗浄機の基礎知識
MIKIママ
MIKIママ

こんにちはMIKIママです。ここでは家庭用高圧洗浄機をレンタルして網戸を掃除したい」「でも選ぶべき機種がわからない」という疑問にお答えします。

網戸を高圧洗浄機で掃除するのって、失敗したら破れそうで怖いですよね。

そんな失敗を防ぐため家の大掃除用に、いままで何度も家庭用高圧洗浄機をレンタルした経験から3つのポイントでお伝えしていきます。

網戸掃除におすすめの選び方①水圧が高すぎないこと

網戸掃除におすすめの選び方①水圧が高すぎないこと

MIKIママ
MIKIママ

家庭用高圧洗浄機をレンタルして網戸を掃除するときは「水圧」に注目です。あまり水圧が高いと網戸の破損などにつながってしまいます。

家庭用高圧洗浄機といえば高い水圧でがんこな汚れもひとっ飛び!というイメージがありますが、網戸掃除の場合はあまりパワーのある強力な高圧洗浄機は注意が必要です。

網戸向けにおすすめの水圧は「5Mpaあたりまで」であれば破損を防ぎながら汚れも落としやすいですが、それいじょうに強力な水圧となれば網戸を破ってしまう恐れがあります。

そこで家庭用高圧洗浄機をレンタルするときに「ホース式」「タンク式」の2種類がありますので、一般的に水圧の低い「タンク式」を選ぶと失敗を防ぐことができます。

タンク式が水圧が低いので 網戸にはおすすめ!

この「タンク式」の家庭用高圧洗浄機というのは水道に直結するタイプではなく、搭載されているタンクに水を充填して使うスタイル。水道直結ではないため水圧(吐出量)も低く網戸掃除にはピッタリの家庭用高圧洗浄機の機種になります。

ただしどうしても「ホース式」の家庭用高圧洗浄機しかレンタルできない場合であれば、なるべく水圧が低いタイプ「8Mpaまで」の機種を選ぶのがおすすめ。最近の家庭用高圧洗浄機は性能向上によって水圧も高くなっていますのでくれぐれも注意をして選んでください。

また高い水圧の高圧洗浄機しか選べないという場合は仕方がないので網戸から離れて「遠い位置」より噴霧することで失敗を回避することができます。やや網戸に対して狙いが定めにくくなりますが、網戸以外にコンクリートの外構なども掃除したいという場合にはおすすめの方法です。

高圧洗浄機というのは水圧を自分で調整することができないため、レンタルをする前にしっかりとチェックして選ぶことが大切です。

網戸掃除におすすめの選び方②タンク式のほうが楽ちん

網戸掃除におすすめの選び方②タンク式のほうが楽ちん

MIKIママ
MIKIママ

先ほどは「タンク式」のほうが水圧も低く網戸掃除に最適とご紹介しましたが、さらにおすすめといえる点に「持ち運びがしやすい」という理由があります。

家庭用高圧洗浄機でもホース式の重量はだいたい3キロ前後ありますが、それに対し「タンク式」は半分程度の重量で収まり機動力がとても高くなります。

さらにタンク式の家庭用高圧洗浄機は「水道の位置」を考える必要がありません。したがって機動力を活かして網戸のある場所へ自由に移動させ、簡単に掃除ができてしまうのもメリットです。

網戸のある場所へ 楽ちんで移動できる!

またタンクに水を補充する作業についても高圧洗浄機を移動させる必要はなく、バケツなどに水を汲んで給水するという方法もかなり便利。もしコロコロ(車輪)が付いていない機種であればこのように対処してみてください。

とにかく重量も軽く機動性が高いというのが「タンク式」の大きな魅力。

網戸掃除も楽ちんにできるため、タンク式の家庭用高圧洗浄機をレンタルすればとても効率の良い網戸掃除ができます。

参考:家庭用レンタル高圧洗浄機を比較する7つのチェックポイント

網戸掃除におすすめの選び方③重量が重すぎないこと

網戸掃除におすすめの選び方③重量が重すぎないこと

MIKIママ
MIKIママ

タンク式の家庭用高圧洗浄機は重量が軽いとはいえ、中には構成されている素材などによって「重い機種」もあります。

あまり重量の重たい機種を選んでしまうと機動性が悪く、網戸掃除であちこち移動するのにとても効率が悪くなってしまいます。とくに複数の網戸を外して1ヵ所にまとめない限りは持ち運びだけで大変な作業になります。

タンク式の家庭用高圧洗浄機でも、とくに重量も軽くおすすめ機種が「アイリスオーヤマ」。このメーカーのタンク式家庭用高圧洗浄機であればほぼ軽い作りになっているので、選んで失敗しない機種になります。

とにかく軽いか コロコロのやつがおすすめ!

また先ほども少し触れましたがコロコロ(車輪)の有無というのも選ぶときの大きなポイントで、少しでも楽ちんに効率よく作業をするためにはあった方がいいパーツ。

あとはノズルの先が「水の広がる形状」になっていると網戸掃除がとてもしやすく、広範囲を一度に掃除できるためこのノズル形状にも注意して選ぶことがポイントになります。

さらに、安い費用で家庭用高圧洗浄機をレンタルできればすべてバッチリです。

参考:家庭用の高圧洗浄機レンタルで「外壁」におすすめ機種を選ぶポイント

まとめ

MIKIママ
MIKIママ

家庭用高圧洗浄機をレンタルして「網戸」を掃除するときのコツや選び方をご紹介してきました。これで失敗せずしっかりと網戸をキレイに掃除できます。

もう一度ポイントをまとめておきます。

  1. 水圧が高すぎないこと
  2. タンク式のほうが楽ちん
  3. 重量が重すぎないこと

この3つのポイントを実践すれば「網戸掃除用として最適な家庭用高圧洗浄機」をレンタルすることができます。

あとはレンタル費用をしっかりと比較をして、少しでも安い料金の業者選びをすること。

ぜひ網戸掃除の参考になさってみてください。

自分

安いタンク式高圧洗浄機レンタルはこちら♪矢印

家庭用の高圧洗浄機レンタルが安いおすすめ3選!

コメント

タイトルとURLをコピーしました