家庭用レンタル高圧洗浄機(ホース式・タンク式)の使い方手順

家庭用レンタル高圧洗浄機(ホース式・タンク式)の使い方手順家庭用レンタル高圧洗浄機の基礎知識

こんにちはMIKIママです。ここでは家庭用高圧洗浄機をレンタルしたいけど使い方がわからない」という疑問にお答えしていきます。

私もこれまで何度か家庭用高圧洗浄機をレンタルしてきました。

その経験から家庭用の高圧洗浄機には大きくわけて2タイプ(ホース式・タンク式)があるので、それぞれの使い方についてご紹介します。

ホース式レンタル高圧洗浄機の使い方手順

ホース式レンタル高圧洗浄機の使い方手順

まず「ホース式の家庭用高圧洗浄機」について使い方の手順をご紹介します。この「ホース式」は高圧洗浄機でも高水圧の一般的な種類になります。

①ホースを水道につなぐ

①ホースを水道につなぐ

高圧洗浄機から出ている「水道直結ホース」を家の外構に設置されている水道蛇口へつなぎます。

家庭用の高圧洗浄機をレンタルすると、水道の蛇口へ取り付けるジョイント付き。したがって接続方法に悩むことなく水道とつなげることができます。

ただレンタルするときの注意点として「掃除したい範囲に届くホース長」が必要になるので、あらかじめ高圧洗浄機のレンタル前にホースの長さはチェックしておかれることがおすすめ。

もし高圧洗浄機の本体についている水道用ホースが短い場合は、延長ホースも同時にレンタルしておくとあとで困らず掃除したい部分に届かす使い方ができます。

②コンセントをつなぐ

②コンセントをつなぐ

つぎにレンタルした家庭用高圧洗浄機から出ている「電源コード」をコンセントへつなぎます。

家の外壁(水道の近くが多い)に「電源用コンセント」が設置されていると思うので、高圧洗浄機の電源コードを接続します。

もし電源コードが短い場合でも家の窓を開ければ「部屋内のコンセント」に繋ぐこともできます。したがって水道のホースはあらかじめホース長を確認しておくことが重要ですが、電源コードの場合そこまで気にする必要はないと思います。

また天気があまり優れず小雨などが降っているときには感電などの危険もありますので、電源コードの接続には十分に注意して作業をなさってください。

③アタッチメント(掃除キット)をセットする

③アタッチメント(掃除キット)をセットする

最後に掃除する箇所にピッタリの「アタッチメント」を洗浄ガンへ取り付けます。レンタルするときアタッチメントが選べたり、機種によって付属されるアタッチメントが違ったりします。

このアタッチメントは「洗車用」「ベランダ用」「外構用」などいろいろな種類があって、家庭用高圧洗浄機をレンタルするときに必要な種類が付属されているか確認しておくことが大切です。

アタッチメントを取りつけず洗浄ガンだけで掃除してもけっこう汚れは落ちますが、専用アタッチメントがあることでより簡単に汚れを落としやすくなります。

ここまでが「ホース式家庭用高圧洗浄機」の使い方手順になります。

参考:家庭用にピッタリな高圧洗浄機レンタルの失敗しない選び方

タンク式レンタル高圧洗浄機の使い方手順

タンク式レンタル高圧洗浄機の使い方手順

つぎに「タンク式」の家庭用高圧洗浄機について使い方の手順をご紹介します。この「タンク式」というのは簡易型の家庭用高圧洗浄機で水圧は低いですが機動性に優れた機種になります。

①タンクに水を充填する

①タンクに水を充填する

まず高圧洗浄機のタンク内に水を充填していきます。外構に設置してある水道から直接入れていけばOKです。

もし車輪の付いてない高圧洗浄機の場合は、バケツなどに水を汲んで給水したほうが使い方が楽なこともあります。できれば車輪の付いたタンク式高圧洗浄機をレンタルする方がおすすめです。

またタンク式高圧洗浄機の場合はホースでつなぐ必要がないので、電源さえ確保できればどんな場所へも持ち運びが自由なのが大きなメリットになります。この機動性を活かしてタンク式を考えてみると使い分けしやすいかと思います。

②高圧洗浄したい場所へ移動する

②高圧洗浄したい場所へ移動する

タンクに水を充填できたら「高圧洗浄をする対象物の位置」へ移動させます。ここでも車輪がついていると楽に移動できるので便利です。

タンク式の高圧洗浄機は水圧が弱いため、網戸掃除などにはおすすめの種類。水を充填して各部屋の網戸をグルッと回って高圧洗浄する使い方もできます。

したがってマンションのベランダなどでも使いやすいのがこのタンク式。水圧が低く水が飛び散りにくいのが長所なので、限られた場所で掃除したいときに便利な使い方ができます。

参考:家庭用の高圧洗浄機レンタルで「網戸」を掃除するコツとおすすめ機種

③コンセントをつなぐ

③コンセントをつなぐ

最後に高圧洗浄機本体から出ている電源をつなげれば準備完了です。これでタンク式高圧洗浄機を使うことができます。

外壁に設置してある「屋外用電源コンセント」があれば接続するとOkですが、もし設置されていない、電源コードが届かないという場合には「近くの部屋から電源をとる」という方法がおすすめの使い方です。

また雨が降っている場合などは感電の危険もありますので、くれぐれも注意をして電源コードを接続してください。できれば雨が少しでも降っている場合は作業を中止する方が安全のためおすすめです。

ちなみにタンク式高圧洗浄機の場合はアタッチメントがほとんど付属されていません。水圧が弱いためアタッチメントの性能を十分に発揮できないため、ジェットノズルをそのまま使うという使い方になるのがタンク式高圧洗浄機の特徴になります。

ここまでが「タンク式家庭用高圧洗浄機」の使い方手順になります。

参考:家庭用レンタル高圧洗浄機を比較する7つのチェックポイント

まとめ

家庭用レンタル高圧洗浄機の使い方についてご紹介してきました。これで「ホース式」「タンク式」どちらの高圧洗浄機をレンタルしても使い方に困らないと思います。

もう一度まとめておきます。

ホース式高圧洗浄機の使い方

  1. ホースを水道につなぐ
  2. コンセントをつなぐ
  3. アタッチメント(掃除キット)をセットする

タンク式高圧洗浄機の使い方

  1. タンクに水を充填する
  2. 高圧洗浄したい場所へ移動する
  3. コンセントをつなぐ

あとは、家庭用高圧洗浄機を少しでも安い価格でレンタルできればベストです。

ぜひ家庭用高圧洗浄機の使い方として参考になさってみてください。

自分

家庭用で安い高圧洗浄機のレンタルはこちら♪矢印

家庭用の高圧洗浄機レンタルが安いおすすめ3選!

コメント

タイトルとURLをコピーしました